定番から穴場まで!ケアンズ観光の必見スポット16選

オーストラリアの中でも特に人気の観光都市であるケアンズ。絶対に見ておきたい世界遺産から、おすすめの穴場スポットまで、16ヶ所をピックアップしてご紹介します。

地球の生命に包まれる世界自然遺産2つ

ケアンズには、世界自然遺産の「クィンズランドの湿潤熱帯地域」と「グレート・バリア・リーフ」があります。どちらもアクセスしやすく、一回の滞在で陸と海の自然遺産を両方を味わうことができます。

キュランダ村(クィンズランドの湿潤熱帯地域)

クィンズランドの湿潤熱帯地域

キュランダ村は、世界自然遺産の熱帯雨林に囲まれた高原の村です。ケアンズからは高原列車かケーブルカーを利用します。どちらもクィンズランドの湿潤熱帯地域を通るルートで、目を楽しませてくれます。キュランダ村にはクラフトショップやアートショップもあり、お土産選びも楽しめるでしょう。

バロン渓谷国立公園

バロン渓谷国立公園は、世界自然遺産であるクィンズランドの湿潤熱帯地域の中にあり、ケアンズとキュランダを結ぶケーブルウェイで行くことができます。展望台が複数あるため、有名なバロン滝の眺望を楽しめるのはもちろんですが、ハイキングをする人も多いようです。

キュランダウォーキングコース

キュランダ村にはいくつかのウォーキングコースがあります。熱帯雨林や川沿いの散策コースや、地元アーティストの作品と触れ合うコースなどで、どれを選んでも1〜2時間で歩けます。自然と芸術の両方が味わえる不思議な体験になるでしょう。

キュランダコアラガーデン

キュランダコアラガーデンは、世界自然遺産の地域に隣接するキュランダ村にあります。特徴は園内のコアラを抱っこできること。入場料とは別料金ですが、毎日大勢の希望者で溢れます。ケアンズの思い出作りにツーショットを求める人たちは多いのでしょう。もちろんコアラ以外の動物たちともご対面できます。

グレート・バリア・リーフ

グレート・バリア・リーフ

グレート・バリア・リーフは、2,300km続く世界最大級の珊瑚礁です。クルージング、セイリング、セスナ、ヘリコプターなどを利用すれば絶景を楽しむだけでなく、日帰り可能な島々(グリーン島やフィッツロイ島など)に足を延ばすことができます。

グリーン島

グリーン島は、世界自然遺産グレート・バリア・リーフの玄関口ともいわれています。海からも空からのアクセスでき、日帰りも可能なため、ケアンズから足を伸ばしやすいリゾート地です。シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツも楽しめます。

フィッツロイ島

フィッツロイ島はケアンズから1時間弱で行ける人気の島です。グリーン島に比べ観光客が少ないため、のんびり過ごしたい人にもぴったりでしょう。

真っ白な砂浜が美しく、ビーチ沿いを散歩するだけでも優雅な気分を味わうことができます。エメラルドグリーンの海でシュノーケリングをして楽しんだり、トロピカルな熱帯雨林を散策したりと、リゾート島でゆっくり贅沢な時間を過ごしたい人におすすめの離島です。

ケアンズの街を楽しむ5つのスポット

ご当地の街歩きは、旅の楽しさが倍増するひとときですよね。ケアンズの街には、私たちを決して飽きさせることがない活気と賑やかさがあります。

ケアンズ・ズーム・アンド・ワールドライフ・ドーム

ケアンズ・ズーム・アンド・ワールドライフ・ドームは、カジノに併設された街中の動物園です。自然遺産地域まで足を伸ばせない際は、ここでオーストラリアの動物たちと触れ合えます。ロープを使ったスリリングなアトラクションも人気です。

ドゥーンガル・アボリジナル・アート

ドゥーンガル・アボリジナル・アートは、アボリジニのアーティストたちの作品が手に入るギャラリー兼ショップです。アート作品は主に絵画が中心で、どの作品にも独特の世界観があり、自分のために一つ欲しくなるに違いありません。

エスプラネード

エスプラネードは、海沿いに伸びる遊歩道地区です。地元の人も観光客も楽しめる施設が充実しているため、訪れない人はいないといわれるほどの人気スポットです。バーベキューコーナーがたくさんあり気軽に楽しめるほか、無料で入場できるプールもあります。

エスプラネードの中でも特にお勧めのスポットが、ヨットハーバーとボードウォークです。特に夕方から夜にかけても美しく、近隣に宿泊してホテルの自室から眺めたいという声もあります。

ケアンズ・セントラル

ケアンズ・セントラルは、ケアンズ中心部にある最大級の大型ショッピングセンターです。店舗数は180以上あり、街歩きで疲れた時や食事や買い物は、まずここに来れば安心です。特にフードコートは、世界中の料理が食べられるとあって、いつも大勢の人で賑わっています。

ケアンズ郊外の豊かな自然を楽しむ5つのスポット

バックパッカー

オーストラリアといえば、大自然の中で、スケールが大きいアウトドア・スポーツが楽しめる国として知られています。ケアンズではウォーキングやハイキングだけでなく、ダイビングやラフティングなども楽しめます。さらに、代表的な人気者コアラに触れることができたり、カンガルーやワラビーに出会える動植物園もご紹介しましょう。

タリー川・バロン川(ラフティング)

タリー川とバロン川は、ラフティング(ゴムボートでの川下り)を楽しめるスポットとしてオーストラリアの中でもよく知られています。どちらも安全に楽しめますが、激流を楽しみたいならタリー川、初体験ならケアンズからもより近いバロン川を選ぶのが良いでしょう。

モスマン渓谷(ウォーキング)

モスマン渓谷は、ケアンズから車で2時間程の場所にあるデインツリー国立公園の中にある渓谷です。手つかずの自然が残されているだけでなく、先住民であるクク・ヤランジの人々の歴史や伝統が残されている地域です。ケアンズからはシャトルバスで向かうこともできます。

ワイルドライフハビタット

ワイルドライフハビタットは、動物たちができるだけ野生に近い形で暮らせるような環境作りをしている動物園です。森林・湿地帯・熱帯雨林・サバンナといった気候ごとに分けられたそれぞれのゾーンに、鳥・哺乳類・爬虫類などが住んでいます。中でも鳥類の美しさは圧巻で、いつまでも観入ってしまいそうです。

ハートリーズ・クロコダイル・アドベンチャーズ

ハートリーズ・クロコダイル・アドベンチャーズは、ケアンズ近郊にある歴史あるワニのテーマパークです。15ヘクタール以上もある施設内では、クルージングをしながら自然の中で暮らすワニたちの生態を見学できます。また、ワニの餌付けやショーも楽しめます。森林浴を楽しめる遊歩道もあり、こちらも人気です。

フレッカー植物園

フレッカー植物園(フレッカー・ボタニカル・ガーデンズ)は、地元の人たちにも人気の入場無料の植物園で、気軽に立ち寄れるのが魅力です。色彩豊かな花とそこに集まって来る蝶の美しさに感動する人も多いようです。センテナリー・レイクス湖に隣接していて、散策ルートも設けられています。

歴史・文化・アートを楽しむ4つ

ケアンズには、オーストラリアの先住民族であるアボリジニのスピリットが色濃く残っています。その影響か、ユニークなアートや文化がたくさん生まれています。

ジャプカイ・アボリジナル・カチュアル・パーク

先住民族アボリジニの歴史や文化などが集約されたテーマ・パークです。伝統的な生活スタイルや昔の狩猟方法などを体験すると、時の流れを超えた気分に浸れそうです。ダンスなどのパフォーマンスを鑑賞しながら食事を楽しめるナイトショーも好評です。

ケアンズ博物館

ケアンズ博物館は、アボリジニや世界自然遺産についてはもちろん、先住民族時代から今日まで発展を続けてきた、ケアンズ開拓の歴史も知ることができます。市街地にありフットワークも良いことから、ケアンズ・ストーリーに触れてから観光地巡りをするのも良いでしょう。

ケアンズ・アートギャラリー

ケアンズ・アートギャラリーは、オーストラリアを代表する美術館の一つです。アボリジニをテーマにした芸術作品や現代アートの展示にも力を入れているため、ちょっとしたカルチャーショックを体験できるかもしれません。

キック・アーツ

キック・アーツは、ケアンズ・モダンアートの拠点となるギャラリーです。斬新さと遊び心があふれた作品の展示が多く、地元の人々にも愛されています。2019年後半にリニューアルオープンし、カフェやショップも充実していますから、お土産選びでも立ち寄りたい場所の一つです。

ツアーを活用すれば効率的に観光できる

人気スポットの多いケアンズは、日数が限られている旅行でいかに効率よく観光するかもポイントです。アクセスがあまり良くない場所や、より詳しくその場所を知りたい場合は、現地のオプショナルツアーを活用してみてはいかがでしょうか。人気観光地をガイドつきで回るツアーなら、無駄なく回れて見どころも外しません。数時間から参加できるものもあるので、気になる観光スポットがあれば、ぜひツアー利用も検討してみてください。

関連記事

  1. グリーン島

    世界遺産グレートバリアリーフを存分に楽しむ!おすすめツアー3選

  2. 食も自然も買い物も!一度は訪れたいシドニー観光おすすめ20選

  3. 美しいビーチにアクティビティ!ゴールドコーストのおすすめ観光地17選

  4. 世界で最も美しい街パースのおすすめ観光スポット20選

  5. エアーズロック

    エアーズロック(ウルル)への行き方&おすすめ観光ツアー

  6. メルボルンの街並み

    メルボルン観光ならここ!おすすめスポット20選