アデレードの気候と季節ごとの服装

アデレードの街並み

オーストラリアの南部に位置するアデレードは、海、山、シティとどれもコンパクトにまとまっていて観光しやすいと人気の都市です。複数の大学や専門学校もあるため、世界中から多くの人が訪れる国際的な都市でもあります。今回は、アデレードに旅行や留学に行く際に気になる気候や服装について解説します。

アデレードには四季がある

アデレードは温帯性気候のため四季がはっきりしています。そのため、日本のように四季折々の美しい自然を楽しむことができます。以前行ったことがあるという方でも、時期をずらして行くことで違った景色を感じることができるでしょう。

夏はカラっとした暑さで湿度が少なく、冬でも日中の最高気温は16℃を下回ることが少ないので過ごしやすい気候です。

アデレードの年間平均気温と降水量

1月 2月 3月 4月 5月 6月
最高気温/℃ 29 29 26 22 19 16
最低気温/℃ 17 17 15 13 10 9
平均降水量/mm 17.8 19 21.8 36.1 56.1 55.7
  7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温/℃ 18 21 18 21 24 27
最低気温/℃ 7 8 9 11 13 15
平均降水量/mm 62.2 50.9 47.9 40.4 25.1 24

参照:オーストラリア気象庁

雨が降りやすい時期はある?

降水量は5月から7月にかけて多くなり、最も雨が多く降るのは冬にあたる7月になります。とはいえ、日本の梅雨のように何日も雨が降り続くといったことはほとんどありません。

この時期に旅行に行く予定の方は、念のためレインコートや折り畳み傘などの雨具を持っていくと良いでしょう。

季節ごとの最適な服装をチェック!

春(9月頃〜11月頃)

一年の中でもっとも快適に過ごせる時期です。9月10月頃までは冷え込む日もあるので、着脱のしやすい長袖があると便利です。長袖シャツに薄手のジャケットなど、重ね着をして体温調節ができるようにしましょう。

夏(12月頃〜2月頃)

日本と季節が正反対になるので、この時期が夏です。日中は基本的にTシャツ1枚で大丈夫です。日差し対策に帽子やサングラスがあると重宝します。朝晩は涼しくなることもあるので、薄手の羽織ものがあると良いでしょう。

秋(3月頃〜5月頃)

だんだんと肌寒さを感じる時期です。朝晩は冷えるので、長袖の上着が必要です。薄手のダウンジャケットやセーターなどを用意しておくと重宝します。

冬(6月頃〜8月頃)

日本の冬ほど気温が下がることはありませんが、最低気温が10℃を下回ることもあるため、防寒対策も考えなければなりません。寒がりの人はコートやマフラーなども持参しましょう。また雨も多い時期なので雨具があると便利です。

アデレードに旅行するならベストシーズンはいつ?

アデレードは日本の気候と比べると、夏はカラっとしていて比較的涼しく冬でも気温が氷点下になることはないので比較的温暖であるため、いつ訪れでも旅行を楽しめる地域といえます。

その中でも強いて言うのであれば、過ごしやすい日が多い秋にあたる3月から5月がベストシーズンになるでしょうか。アデレードは年間を通してイベントの多い都市ですが、この時期は最も多くのフェスティバルが開催されます。アートやフード、ワインなど地元の方に混ざって楽しみたい方にも良いかもしれません。

また美しいビーチや公園、アート、ワインの産地などがコンパクトに集まっている都市なので気候の良い時期に散策を楽しむのもおすすめです。さらにアデレードから飛行機で30分の場所にあるカンガルー島では、ここでしか見られない固有の動物が多数生息しているので、天気の良い日に足を伸ばしてみるのも良いでしょう。

UV対策を忘れずに

オーストラリアの上空ではオゾン層が薄くなっているため、紫外線が非常に強い地域としても有名です。肌を傷めないためにもしっかりと紫外線対策を行うことが必要です。

紫外線対策には日焼け止め十分に塗ったうえで、帽子やサングラス、羽織ものを使用するとよいでしょう。日焼け止めは持ち歩き、こまめに塗りなおすことも必要です。また日焼け止めはオーストラリアでももちろん購入することができますが、海外製のものが合わない方もいるので、肌の弱い方は普段使用しているものを日本から持ってくることをおすすめします。

関連記事

  1. ケアンズ

    ケアンズの気候と季節ごとの服装

  2. サーファーズパラダイスビーチ

    ゴールドコースト/ブリスベンの気候と季節ごとの服装

  3. メルボルンの気候と季節ごとの服装

  4. オペラハウス

    シドニーの気候と季節ごとの服装

  5. タスマニアの気候と季節ごとの服装

  6. パースの街並み

    パースの気候と季節ごとの服装