ゴールドコースト/ブリスベンの気候と季節ごとの服装

サーファーズパラダイスビーチ

オーストラリアの人気リゾート地としても名高いゴールドコーストや、晴天率が高く留学生にも人気のエリアであるブリスベン。今回は、そんなゴールドコースト/ブリスベンの気候について解説します。

ゴールドコースト/ブリスベンには四季がある

オーストラリアの東部に位置する都市であるゴールドコーストやブリスベンは、亜熱帯性気候に属しているため温暖な地域といえます。年間を通して最高気温は20℃を超えるほど暖かな気候ですが、日本と同じように四季は存在しています。

9月から11月が春、12月から2月が夏、3月から5月が秋、6月から8月が冬と、南半球にあるため日本とは真逆です。ただし、冬といっても日中は20℃を超える日も多く、雪が降ることもありません。

ブリスベンの年間平均気温と降水量

  1月 2月 3月 4月 5月 6月
最高気温 / ℃ 29.1 28.9 28.1 26.3 23.5 21.2
最低気温 / ℃ 20.9 20.8 19.5 16.9 13.8 10.9
平均降水量 / mm 158 172 139 90 99 71
  7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温 / ℃ 20.6 21.7 23.8 25.6 27.3 28.6
最低気温 / ℃ 9.5 10.0 12.5 15.6 18.0 19.8
平均降水量 / mm 63 43 35 94 97 126

参照:オーストラリア気象庁

夏季は雨が降りやすい?

ゴールドコーストやブリスベンでは、12月から2月にかけての夏の時期に降水量が多くなります。降水量が多いといっても、日本の梅雨のように一日中雨が降り続くような日は多くありません。夏の時期に訪れるなら、念のため折り畳み傘などの雨具の準備をしておくと良いでしょう。

逆に雨が少ない時期は6月から8月にかけての冬の期間です。

ただし、年間での平均降水量は80㎜ほどですので、全体的に日本に比べると雨の日は少ないといえるでしょう。

季節ごとの最適な服装をチェック!

春(9月頃〜11月頃)

ゴールドコースト/ブリスベンの春は、平均気温25℃以上と、日本と比べてもかなり温暖な気候になっています。そのため、日中の服装は半そで一枚で十分です。ただし、夜間は冷え込むことがありますので、薄手の長袖や上着の用意もしておきましょう。

夏(12月頃〜2月頃)

ゴールドコースト/ブリスベンも夏に気温は上がりますが、日本の夏に比べるとそれほど高くありません。ただし、亜熱帯気候に属する地域のため湿度はかなり高くなります。

日本の夏と同じように半袖のシャツやタンクトップなどでも過ごせますが、室内は冷房が効いているところが多いため、冷房対策に薄手の上着があると安心です。

秋(3月頃〜5月頃)

ゴールドコースト/ブリスベンの秋は春と同じような気候です。春と同じように日中は半そでで過ごし、夜間は薄手の長袖や上着を着用するという過ごし方になります。

冬(6月頃〜8月頃)

ゴールドコースト/ブリスベンの冬は、平均最高気温が20℃を超えるほど暖かい季節になっています。冬は一年を通して降水量も少ないため、雨で気温が下げることもほとんどありません。

ただし、日によっては肌寒い日もあり、朝晩は冷え込みますので長袖や上着の重ね着で調整するようにしてください。

ゴールドコースト/ブリスベン旅行のベストシーズンは?

ゴールドコーストやブリスベンは、日本の梅雨のように何日も雨が降り続く季節はありません。また、冬でも日中は20℃を超え快適に過ごすことができるため、年間を通して旅行を楽しむことができます。

その中でもベストシーズンといえるのは、ゴールドコーストの美しい海とビーチリゾートを存分に楽しむことができる12月〜3月ごろでしょう。

UV対策を忘れずに

ゴールドコースト/ブリスベンは年間を通して日差しや紫外線が強い地域になっています。そのため、サングラスや帽子、日焼け止めクリームなどのUV対策は忘れずにしっかりと用意しておきましょう。

関連記事

  1. オペラハウス

    シドニーの気候と季節ごとの服装

  2. タスマニアの気候と季節ごとの服装

  3. 空に向けて両手を広げている女性

    オーストラリアの気候や天気は?エリア別に解説

  4. ケアンズ

    ケアンズの気候と季節ごとの服装

  5. エアーズロック

    エアーズロック(ウルル)の気候と季節ごとの服装

  6. パースの街並み

    パースの気候と季節ごとの服装