メルボルンの気候と季節ごとの服装

オーストラリア南部に位置するビクトリア州の州都であるメルボルンは、歴史的文化財が多く残る落ち着いた町並みである一方、世界中からの移民の影響もあり、オセアニア有数の多国籍文化都市でもあります。オーストラリア第二の都市でありながら郊外ではビーチやスキーも楽しめるため、観光地としても人気の都市です。

今回は、メルボルン旅行で気になる気候や服装について解説します。

メルボルンには四季がある

メルボルンの気候は日本と同じく温帯性気候で四季がありますが、南半球にあるため時期は逆になります。日本の真冬はメルボルンの真夏にあたります。

しかし、日本の真夏ほど気温が高くなることはほとんどなく、真冬の寒さもそこまで厳しくありません。春はところどころに緑があふれ、街歩きや散歩などのアウトドアに適した気候ですし、秋には紅葉も楽しむことができます。

年間を通して比較的温暖で過ごしやすいメルボルンですが、一日の間の気温差が激しいのが特徴です。快晴の日でも突然雨が降ってきたり、夜間にはぐっと気温が落ちたりと「一日の中に四季がある」といわれることもあります。

メルボルンの年間平均気温と降水量

  1月 2月 3月 4月 5月 6月
最高気温 / ℃ 25.9 25.8 23.9 20.3 16.7 14
最低気温 / ℃ 14.3 14.6 13.2 10.8 8.6 6.9
平均降水量 / mm 48 48 50 58 56 49
  7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温 / ℃ 13.4 15 17.2 19.7 21.9 24.2
最低気温 / ℃ 6 6.7 8 9.5 11.2 12.9
平均降水量 / mm 48 50 58 66 60 59

参照:オーストラリア気象庁

雨が降りやすい時期はある?

メルボルンの降水量はオーストラリアの他の地域に比べるとあまり多いほうではありません。内陸の砂漠地帯から吹く風の影響もあり空気は乾燥しています。

全体を通して雨が比較的多く降るのは冬の終わりから春にかけてです。この時期は雨の影響で少し湿気が高く感じることもあるかもしれません。しかし、日本の梅雨のような雨ではなく、小雨やにわか雨が降ったりする程度です。出先の急な雨にも対応できるよう、折りたたみ傘などの携帯できる雨具があると重宝します。

季節ごとの最適な服装をチェック!

春(9月頃〜11月頃)

9月は冬の寒さがまだ残り肌寒く感じる日も続きますが、10月に入ると気温も上がり日差しもあるので日中は半袖で過ごすことができます。夏に近づくにつれ快晴の日が増えていき、街歩きやピクニックなどのアウトドアや海岸沿いのドライブなどに適した季節になります。

ただし、にわか雨や小雨が降ることもあり、朝晩に気温が下がると冷え込むこともあるので、脱ぎ着しやすいカーディガンやパーカーなどの羽織物や携帯できる雨具があると安心です。

夏(12月頃〜2月頃)

メルボルンの夏は空気が乾燥していて日差しが強いのが特徴です。日本の真夏のような高温になることは稀なので、夏らしい季節が楽しめます。基本的な夏服で過ごすことができますが、帽子やサングラス、日焼け止めクリームなどの紫外線対策は必須です。

日照時間が最も長くなるので夜遅くまで外で過ごすこともあるかもしれません。その際は、気温が下がる朝晩のために薄手の長袖シャツなどを用意しておくといいでしょう。

秋(3月頃〜5月頃)

3月は残暑が残る日も多く、日中は夏服で過ごすことができます。秋が本格化するにつれ日中の気温も下がり長袖が必要になっていきます。朝晩の冷え込みも冬に向けて少しずつ厳しくなります。

メルボルンの秋は晴れの日が多く、紅葉狩りやワインの試飲などができる行楽シーズンです。シャツやパーカーなど重ね着ができるもので温度の調整をしましょう。冬の到来が早まる年もあるので軽いジャケットなどの上着を持っておくとさらに安心です。

冬(6月頃〜8月頃)

メルボルンの冬に雪が降ることはほとんどありません。日中の冷え込みも厳しい寒さとまではいきませんが、海側や雪が降った山間部から吹く風の影響で実際の気温より寒く感じることもあります。

最低気温が5℃近くになることもあるので、コート、マフラー、手袋、ブーツなどで防寒対策はしっかりしておきましょう。晴れる日もあれば、どんより曇って雨がぱらつく日もあります。気温の変化で体調を崩さないよう注意しましょう。

メルボルンに旅行するならベストシーズンはいつ?

メルボルンは年間を通して温暖な気候で雨も少なく、行事やイベントも盛りだくさんなので、どの季節も旅行しやすいといえます。

特に、海水浴やマリンスポーツが楽しめる夏には多くの観光客で賑わいます。この時期は人気スポーツのクリケットのシーズンでもあります。また、日本では味わえない夏のクリスマスを経験することもできます。

一方、冬には客足が比較的遠のく傾向にありますが、山間部でのスキーの他にもさまざまなインドアアクティビティが準備されています。春秋はメルボルンの気持ちのいい天気の中、落ち着いた町並みや自然を活かした行楽を楽しむのにおすすめです。

UV対策を忘れずに

メルボルンは基本的にどの季節も日差しや紫外線が強いです。特に夏場では、日中を半袖で過ごすことが多くなるかもしれませんが、日本より数倍強い紫外線から肌を守るための対策は入念に行う必要があります。出かける前には天気予報でその日のUV指数をチェックするようにしましょう。

関連記事

  1. アデレードの街並み

    アデレードの気候と季節ごとの服装

  2. 空に向けて両手を広げている女性

    オーストラリアの気候や天気は?エリア別に解説

  3. オペラハウス

    シドニーの気候と季節ごとの服装

  4. サーファーズパラダイスビーチ

    ゴールドコースト/ブリスベンの気候と季節ごとの服装

  5. タスマニアの気候と季節ごとの服装

  6. パースの街並み

    パースの気候と季節ごとの服装