パースの気候と季節ごとの服装

パースの街並み

パースは、世界で一番美しいともいわれる自然豊かな都市です。見どころも多く、アクティビティも豊富にあります。今回は、パース旅行に行く際に役立つ気候の情報や、それぞれの季節に適した服装について解説します。

パースには四季がある

オーストラリア南西部に位置する都市パースは地中海性気候で夏は高温で乾燥し、冬は湿気が高く雨が多いのが特徴です。日本のように四季がありますが、南半球のため季節と時期は逆になります。

パースの春は9月から11月頃で、ワイルドフラワーと呼ばれるオーストラリア固有の野花や植物がさまざまに楽しめる季節です。

年末から2月頃は夏になり、ピーク時には気温が40度近くに上ることもありますが、午後になるとフリーマントル・ドクターという海から吹く風によって暑さが和らげられます。インド洋を望む美しいビーチはオーストラリア屈指の夕日スポットであり、海水浴を楽しむこともできます。

秋になると次第に日中の気温が下がり、湿気が多くなってきます。野外で過ごしやすい季節で紅葉も楽しめるシーズンです。

冬は湿気が多く、1年間のなかで最も雨が降る季節です。朝晩の冷え込みも秋よりさらに厳しくなりますが、最低気温が10度を下回ることは滅多になく、冬季でも比較的過ごしやすいといえます。

パースの年間平均気温と降水量

  1月 2月 3月 4月 5月 6月
最高気温 / ℃ 31.6 31.9 29.7 25.5 21.7 18.9
最低気温 / ℃ 16.9 17.5 15.9 12.9 10.4 9
平均降水量 / mm 9 15 16 41 100 162
  7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温 / ℃ 17.9 18.4 20.1 22.6 25.8 28.9
最低気温 / ℃ 8 8 8.9 10.2 12.7 14.8
平均降水量 / mm 159 117 71 45 26 10

参照:オーストラリア気象庁

雨が降りやすい時期はある?

パースの冬にあたる6月から8月にかけて雨が最も多く降ります。日本の梅雨のようにしとしと降り続けるのではなく、一気にザーッと激しく降っては止むのを繰り返すことが多いです。朝は晴れていても午後に突然激しい雨が降ることもよくあり、地元の人はこのような雨をshower(シャワー)と呼んでいます。ときには強風を伴うことや激しい雷雨になることもあります。

季節ごとの最適な服装をチェック!

春(9月頃〜11月頃)

公園や街なかに色とりどりの野花やさまざまな種類の植物が姿を表す季節で、晴れの日も多く、日中の気温も穏やかなので散歩や屋外スポーツをするのに適しています。

日中は半袖や薄手の長袖などの春服で過ごすことができますが、朝晩の温度差があるため、夜間に羽織ることができるようなカーディガンや薄手のセーターなどがあると安心です。

夏(12月頃〜2月頃)

パースの夏は高温で乾燥しており、35度を超える日も少なくありません。日差しが強いだけでなく地面からの照り返しもあるので体感温度は高くなりがちです。

しかし日中は夏服で過ごしても、朝晩は気温が下がるので重ね着ができる服を一枚常備しておくと安心です。昨日までは暑かったのに急に気温が下がって肌寒くなるということもあります。

また、パースの紫外線は比較的強く、日焼け止めクリームや強い日差しから身を守るためのサングラスや帽子などUVカット対策をしておくことは大切です。

秋(3月頃〜5月頃)

まだ夏の暑さが残る秋の前半は日中も暖かく晴れの日も多いため、半袖で過ごすことができます。猛暑になる日が減るので屋外でも過ごしやすく、散歩やハイキングなどをするのに適した季節です。

冬に近づくにつれて日中の温度は下がり、太陽が出ていても肌寒く感じることもあるため、長袖の準備もしておくといいでしょう。朝晩には気温が更に落ちるのでジャケットやパーカーなど脱ぎ着できるものも揃えておきたいところです。

冬(6月頃〜8月頃)

1年間で最も気温が下がる季節ですが、震えるような寒さとまではいかないので、日中であれば日本の秋の服装で十分快適に過ごすことができます。ただ、朝晩には一気に気温が落ちて冷え込むため、マフラーやコートなどの冬服やブーツやスニーカーなど足先まで覆うことができる靴も揃えておいたほうがいいでしょう。

また、冬は1年間の中で最も多く雨が降る季節です。雨傘やレインコートなどの雨具を用意したり、突然の激しい雨にも対応できるように折りたたみ傘を持ち歩いたりして、雨の日対策を万全にしておくことをおすすめします。

パースに旅行するならベストシーズンはいつ?

パースは年間を通して温暖で過ごしやすく四季それぞれの魅力を楽しむことができますが、海水浴やハイキングなど屋外のアクティビティーを楽しみたい場合は、雨が少ない春から初秋までの季節がおすすめです。

とはいえ、夏には照りつける太陽の下にいるのが厳しいほどの猛暑日になることもありますし、冬の間でもお祭りなどのイベントが数多く開催されており、冬ならではの自然を楽しむアクティビティも多くあります。目的と体調に合わせて自分に最も適したシーズンを選ぶことが重要です。

UV対策を忘れずに

パースは基本的にどの季節も日差しが強く、日々の紫外線対策は必須です。その日のUV指数を天気予報などで事前にチェックして日焼け対策をしておくようにしましょう。

街なかのスーパーやコンビニエンスストアで手に入れることができる日焼け止めクリームに加えて、帽子やサングラス、UVカット素材を使用した服なども事前に準備しておくことをおすすめします。

関連記事

  1. 空に向けて両手を広げている女性

    オーストラリアの気候や天気は?エリア別に解説

  2. アデレードの街並み

    アデレードの気候と季節ごとの服装

  3. サーファーズパラダイスビーチ

    ゴールドコースト/ブリスベンの気候と季節ごとの服装

  4. タスマニアの気候と季節ごとの服装

  5. ケアンズ

    ケアンズの気候と季節ごとの服装

  6. メルボルンの気候と季節ごとの服装