オーストラリア旅行に必須のビザ!ETA(イータ)の申請方法や料金を解説

パソコンでビザを申請

オーストラリアに入国するすべての外国人渡航者は、短期間であったとしてもビザが必須となります。オーストラリアに渡航する際は、必ずビザの取得方法や注意点について事前に確認しておきましょう。

オーストラリア観光で忘れてはいけないETA(イータ)の申請

ETA

ETAとは?

オーストラリア政府移民局のウェブサイトでオンライン登録する入国ビザのことをETA(Electronic Travel Authority)といいます。観光、または、ビジネスのために渡航し、1回の滞在日数が3ヶ月以内の場合にのみ、申請・登録手続きができます。

なお、ETAを取得する「電子渡航許可」制度のことをETAS(イータス)といいます。

期限や料金は?

ETAの有効期限は発行日から1年間となります。期限切れの場合、再度発行する必要があるので注意しましょう。

料金は、申請するルートによって異なります。実は、自分で直接オーストラリア政府移民局のウェブサイトでオンライン登録するよりも、代行サイトを使用した方が安くなる場合もあるので、よく調べてから手続きをするようにしましょう。

ETAの申請の仕方

自分で申請する

オーストラリア政府移民局のウェブサイトから申請します。英語版と合わせて日本語版のページもあるので、英語が苦手な方も安心して申請することができます。

オンライン申請時には、パスポート、電子メールアドレス、有効なクレジットカードを用意しましょう。ETAの申請料は無料ですが、システム利用料としてクレジット決済で20オーストラリアドルかかります。パスポートの記載内容を間違えて登録すると、修正する際には再度同じ料金がかかってしまいますのでくれぐれもご注意ください。

代行業者や旅行業者を通じて申請する

登録代行業者のサイトを使用すると、個人で行う場合よりも費用がかかるように思いがちですが、サイトによっては1,000円以下で収まる場合もあります。国内の旅行サイトなどを複数見比べてみるのもおすすめです。

パッケージツアーでオーストラリア旅行をする際は、旅行業者を通じて申請することも可能です。

登録証明について

オンライン上で処理されているため、本来であればオーストラリア入国の際に印刷した用紙の提示は必要ありません。しかし、ETAの申請業者の中には、自社で「ETA登録証明書」を作成し、申請者の不安を取り除く意味で発行しているところもあります。

ETAを申請しなかった場合

有効な渡航書類やビザ、認証等を持たずにオーストラリアに入国しようとした場合、入国が拒否されたり、個人の特定やオーストラリア入国資格を確認するのに時間がかかったりする場合があります。

旅行を最大限楽しむためにも、必要な手続きは早めに行い、万全の準備を心がけましょう。

関連記事

  1. 荷造り

    オーストラリア旅行の必需品からあると便利なものまで!持ち物チェックリスト