美しい砂の島フレーザー島の楽しみ方

フレーザー島

オーストラリア大陸東部にあるフレーザー島は、南北123km、幅25kmという世界最大の砂の島です。標高200m以上の砂丘、どこまでも続く美しい砂浜、沢山の淡水湖や小川など、多種多様な自然が広がっています。ここでは、そんなフレーザー島を最大に楽しめる、おすすめ観光スポットやアクティビティなどについてご紹介します。

世界遺産にも登録!世界最大の砂の島「フレーザー島」

その類まれな美しさを賞賛して先住民のアボリジニからパラダイスを意味する「K’Gari(クガリ)」と呼ばれていたフレーザー島。長い年月をかけてオーストラリア大陸から流れ出た砂が堆積してできた島で、複雑な砂丘の形成は現在も続いています。

島内には数多くの野鳥、ディンゴやハリモグラなどの野生動物、周囲の海にはイルカやウミガメなど多くの海洋生物も生息し、自然と生物が共存する島全域がグレート・サンディ国立公園に指定されています。

砂丘の上に亜熱帯雨林が広がるという特異な自然環境に、他では見ることのできない世界的にも貴重な生態系が形成され、1992年には世界自然遺産に登録されました。

フレーザー島への行き方 

フレーザー島は、ブリスベン(Brisbane)から北へ約300km、ハービー・ベイ(Hervey Bay)の沖合にあります。フレーザー島へは、ハービーベイからはフェリーに乗って1時間弱で到着します。

島内には公共交通機関がなく、島全体が砂でできているので4WDの車しか走ることができません。また、個人で島内をドライブしたりキャンプしたりするには、クイーンズランド州政府の許可証の取得が必要となります。そのため、島にはツアーで訪れるというのが一般的です。

必ず行っておきたい6つの観光スポット

手つかずの貴重な自然が残るフレーザー島には、見逃すことのできない観光スポットが満載です。

世界一の透明度 マッケンジー湖(Lake Mckenzie)

フレーザー島のマッケンジー湖

フレーザー島内には数多くの淡水湖がありますが、その中で最も人気のあるのが島のほぼ中央に位置するマッケンジー湖です。水晶のように美しい透明度を持つ湖水は見る人の目をひきつけて離しません。透明度が保たれている理由は砂がフィルターの役目をしているからなのだとか。湖底の白砂が太陽を反射して輝く姿は息をのむほどの美しさです。

浜辺に眠る難破船マへノ号(Maheno)

フレーザー島のマヘノ号

フレーザー島最大のビーチである75マイルビーチを進むと、浜辺に打ち上がっている難破船マヘノ号の姿を目にします。もとはシドニーとオークランドを結ぶ定期船でしたが、1935年に売却され、日本に送られる途中でサイクロンに遭遇、フレーザー島のハッピーバレービーチに打ち上げられました。船はそのまま放置され、100年近くもの間、海水によってゆっくりと朽ち続けています。その何とも言えない物悲しい雰囲気が、まるで映画のようだと絶好の撮影スポットともなっています。

波の打ちよせる シャンパン・プールズ(Champagne Pools)

シャンパン・プールズ

砂の島フレーザー島の北端には海の自然岩によって形成された岩場があります。シャンパン・プールズは、その岩場に海水が流れ込んでできた自然のプール。岩に波が打ちよせて、シャンパンのように細かい泡ができることから、そう呼ばれています。岩場では可愛い魚たちが見られることも。子ども連れにもおすすめの水遊びスポットです。

美しい砂の塔 カテドラル(The Cathedrals)

75マイルビーチにはカテドラルと呼ばれる、赤、茶、オレンジ、黄などの色が何層にも重なり合った砂の塔があります。長い年月をかけて固まった砂が断層になったもので、鉄やミネラルを含んだ砂が輝く姿は、まさに大自然の創りだした芸術品。このカテドラルが最も美しく見えるのは早朝、日の出の頃。朝日の中でキラキラと光り輝くゴシック建築の大聖堂のような荘厳さには、誰もが圧倒されます。

 淡水カメが泳ぐアロム湖(Lake Allom)

フレーザー島の淡水湖の1つであるアロム湖は、珍しい淡水カメ(Krefft’s River Turtle)の生息地となっています。カメが近寄ってくると、つい餌をあげたくなりますが、国立公園では餌付け禁止なので注意しましょう。湖畔にある展望台からは水中を泳ぐカメの姿を観察することができます。

 白砂輝く イーライ・クリーク(Eli Creek)

島内には大小様々な淡水川が流れていますが、その中で最大規模を誇るのがイーライ・クリークです。白砂の輝く川底から湧きだす清流に手足をひたすと、ひんやりと冷たく、夏場の避暑にはぴったりです。雨水が砂で濾過されているため川の透明度が高いのも特徴。川沿いの遊歩道をのんびり散歩しながら川上まで行き、水遊びをしたり、泳いだりしながら下っていくのがおすすめです。

フレーザー島でできるおすすめアクティビティ4つ

世界最大の砂の島フレーザー島は、広大な砂丘、熱帯雨林など手つかずの自然が残され、日本では体験できないような楽しさいっぱいのアクティビティがたくさんあります。

4WDで75マイルビーチを疾走!

75マイルビーチ

島の東海岸に100km以上も続く白砂の75マイルビーチ。このビーチを4WDで疾走するドライブはフレーザー島観光でも大人気のアクティビティのひとつです。潮風を感じながら水しぶきを上げて車で波打ち際を走るという普段ではできない体験に大興奮間違いなしです。冬にはビーチからザトウクジラが見られることも。

熱帯雨林でウォーキングトレイルを楽しむ

フレーザー島

熱帯雨林の生い茂るフレーザー島には数多くのウォーキングトレイルがあります。ウォーキングトレイルとは、山や森林などを歩きながら地域の自然や文化を楽しむための道のこと。フレーザー島では、世界でも珍しい砂地の上に形成された熱帯雨林の中を散策しながら、緑あふれる自然に触れられるウォーキングトレイルが整備されています。

全てのトレイルを歩くには何日もかかるのでキャンプが必要となりますが、半日や1泊の短いウォーキングトレイルもあります。ウォーキングトレイルを歩くならガイド付きのツアーがおすすめ。見どころを案内してもらえるだけでなく、安全に野生動物を観察する方法なども教えてもらえます。

クジラやイルカに会えるクルージングツアー

イルカ

毎年、何千頭ものザトウクジラが、出産のために南極の海からオーストラリア東海岸を通って熱帯の海へと移動し、出産を終えて再び南極に帰る途中の8月から10月の間、フレーザー島のハービー・ベイで回遊します。透き通った海の中を泳ぐ親子クジラの一挙一動を見られるホエールウオッチング・クルーズには、毎年多くの観光客が訪れます。

また、ドルフィンウォッチング・クルーズも人気です。フレーザー島の近海には年間を通してイルカが生息しているので、かなりの確率でイルカに遭遇できます。

フレーザー島観光はツアーがおすすめ!

フレーザー島を訪れるのはツアーがおすすめです。気軽に日帰りできるツアーから島内に宿泊するツアーまで、様々なコースが用意されています。

基本的なツアー内容は、日帰りの場合、4WD車で75マイルビーチドライブ、マヘノ号やカテドラル見学、熱帯雨林ウォーク。1泊2日の場合は、翌日にマッケンジー湖でのランチが追加されたものとなっています。

また、島内にはエコ・リゾートツーリズム体験ができるリゾート施設もあり、自然を満喫できる様々なアクティビティが提供されています。

フレーザー島の気候・おすすめのシーズンは?

フレーザー島のある東海岸中部クイーンズランド州は、亜熱帯気候なので、気温については夏と冬で大きな寒暖差はなく、冬でも最高気温平均は20度以上あり、年間を通して温暖で過ごしやすいです。

おすすめシーズンは観光目的によって異なってきますが、ビーチで楽しみたいなら12月~2月がよいでしょう。冬にあたる6月〜8月ごろは最低気温が10度くらいになることもあるので、カーディガンなど、羽織るものを持っていくようにしましょう。

フレーザー島へ行くときの持ち物

フレーザー島にはフェリーに乗って行くので、酔い止め薬を忘れないようにしましょう。酔い止め薬はオーストラリアでも買えますが、日本人に合わないこともあるので、ふだんから乗り物酔いしやすい人は、日本から用意していくことをおすすめします。

また、冬でも日差しが強いので、年間を通して帽子やサングラス、日傘、日焼け止めなどの紫外線対策が必要です。ビーチで遊ぶにはビーチサンダルが必須。脱げにくいものを用意しましょう。水着、タオル、飲み物の他、シュノーケルグッズもあると楽しいですね。亜熱帯雨林の中を歩く時には歩きやすいスニーカーも欠かせません。目的に合わせて、リゾートアクティビティを快適に過ごすためのアイテムを持っていきましょう。

フレーザー島で大自然を満喫しよう!

ゴールドコーストにあるフレーザー島は、オーストラリア大陸からフェリーで1時間弱のところにありながら、手つかずの自然が残されたリゾートアイランドです。白く輝く砂浜と緑あふれる熱帯雨林が広がり、たくさんの美しい観光スポットや、他には無いようなアクティビティも数多く用意されています。オーストラリア観光をするなら、是非、フレーザー島を訪れ、都会の喧騒を忘れて大自然を満喫してみませんか。

関連記事

  1. スリーシスターズ

    ダイナミックな自然や文化を堪能!オーストラリア世界遺産10選

  2. オーストラリア最東端「バイロンベイ」観光 5つの見どころ

  3. 定番から変わり種まで。オーストラリアの人気お土産7選

  4. グレートオーシャンロードの行き方とおすすめ観光スポット5選

  5. 絶対外さない!ケアンズで買いたい人気のお土産10選

  6. オーストラリアの中でもおすすめ!子連れ旅行はゴールドコーストへ