ケアンズで体験したい!熱気球遊覧飛行ツアー

優雅に空を飛ぶ気球に憧れを持ったことのある人は多いでしょう。実は、ケアンズでは世界最大級の熱気球に乗れる人気の体験ツアーがあります。今回は、ケアンズの大自然を上空から満喫できる感動必至の熱気球ツアー体験レポートをお届けします。

ケアンズで熱気球に乗れるツアー

1回30分の遊覧飛行となり、60分ツアーを選ぶと30分×2回乗ることができます。

朝4時ケアンズからマリーバへ出発

送迎バス

いよいよツアー当日。ホテルに送迎バスが迎えに来るのは朝4時ごろで、まだ日も上っていない真っ暗な時間です。

いくつかのホテルを経由したのち、バスで1時間弱の道のりで、ケアンズ中心地から熱気球の発着地となる「マリーバ」へ向かいます。マリーバは大規模な農園が多く集まる自然豊かなエリアで、晴天率が非常に高いことでも有名です。なんと1年で300日も晴れるとのことで、まさに気球に乗るには最高の立地といえそうですね。

ケアンズの気球は想像以上に大きい

マリーバへ到着。草原の真ん中には想像をはるかに超えた巨大な熱気球がお出迎えしてくれていました。1台24名まで乗ることができる世界最大級の熱気球で、この日は3台の気球が飛ぶそうです。コアラやカンガルーのイラストもまさにオーストラリアという感じで可愛いですね。

籐かごのような大きなバスケットに乗り込み、火力のみで気球を浮かせます。エンジンもなく乗客最大24名を乗せて浮遊できるぐらいのエネルギーなので、その分バーナーの火力もかなりの勢いです。早朝かつ空中浮遊のアクティビティにも関わらず、ほとんど寒さを感じないほどでした。

熱気球では操縦士さんが1名同乗してくれるのですが、ガイドさんの話によると、オーストラリアで熱気球を操縦するのには飛行機と同じ免許が必要で、かなり厳しい基準をクリアした人だけがパイロットとして働けるのだそうです。そのため、「オーストラリアの熱気球は世界一安全なんです」とのこと。

ちなみに、発着場についた頃はちょうど日の出の時間帯だったのか、朝焼けで空が真っ赤に染まっていました。この景色を見られただけでも早起きしてよかったと思えるぐらい、とても綺麗でした。

熱気球ツアーの見どころ①巨大な熱気球をバックに写真を撮ろう

熱気球で空の旅を楽しむのももちろんのこと、その姿を写真に収めるのも必須といえます。何といっても見た目のインパクトがすごいので、気球が飛んでいる風景はどう切り取っても絵になりますし、気球をバックに記念撮影すれば最高の思い出の一枚になること間違いなしでしょう。

前後半のチームに分かれて気球に乗るのですが、片方のチームが飛んでいるときは、その気球を追いかけてくれるチェイスツアーの時間もありました。ガイドさんの話を聞きながら、どこに行くのか予測できない気球を追いかけるというのもなかなか貴重な体験なのではないでしょうか。

熱気球ツアーの見どころ②ケアンズの大自然を上空から味わう

テイクオフ!

次はいよいよ気球に乗り込み、遊覧飛行体験です。全員の準備が整ったらすぐに出発となり、ふわっとゆっくり浮き上がっていきます。

ものの数分、あっという間に結構な高さまで上ってきました。上空からは、マリーバ周辺のマンゴーやバナナの農園、また、ラフティングで有名なバロン川なども見ることができます。さらに、林の中には野生のワラビーやカンガルーが元気に走り回る姿も!ケアンズの雄大な自然を全身で感じながら遊覧飛行を楽しみます。

上空でも揺れはほとんど感じられず、離着陸の時も驚くほどスムーズでした。

午前中で終了!有意義な朝活に

あっという間の30分を終え、気がつくと7時過ぎに。全ての工程が終了したら、参加者全員で気球を折りたたみパッキングするところまで体験させてもらえるというのもユニークでした。

なにより、これだけ満喫してもツアーを終えてホテルに着くのは9時半ごろというのが素晴らしいです。午後は別のツアーに参加してもいいですし、昼の便で帰国する方は帰国日の朝を活用して気球体験をすることも可能です。限られた旅行日程のなか有効に時間を使えるので嬉しいですね。

ケアンズの熱気球に乗るときの注意点

熱気球ツアーは早朝に行われます。温暖な地域とはいえ、寒さ対策として羽織れるものを持っていくと良いでしょう。また、草原を歩いたり、帰りには巨大な気球のパッキング体験も待っているので、動きやすく多少汚れても良い服装で参加することをおすすめします。なお、気球に乗る際は貴重品などの小さな手荷物しか持ち込めないのでご注意ください。

何よりも、とにかく朝が早いので、前日は早めに寝ることを心がけましょう!

ケアンズの熱気球遊覧飛行は、他ではなかなかできない貴重なアクティビティです。最高の景色とともに、ぜひ思い出に残る体験をしてみてください。

関連記事

  1. コアラを抱っこできるオーストラリアの動物園まとめ

  2. スリーシスターズ

    ダイナミックな自然や文化を堪能!オーストラリア世界遺産10選

  3. ゴールドコースト観光のメッカ「サーファーズパラダイス」の歩き方

  4. エアーズロック

    エアーズロック(ウルル)への行き方&おすすめ観光ツアー

  5. シュノーケリングをする女性

    オーストラリアの大自然を満喫!おすすめアクティビティ5選

  6. 【ハミルトン島特集】カップルやファミリーに選ばれる5つの理由

デジタルパンフレット

AQUA ebook

【2020年版】オーストラリアのオプショナルツアー&レストランガイドが無料で見られるデジタルパンフレットです。