キュランダ村への行き方は?観光のポイントとおすすめ日帰りツアーまとめ

キュランダ村

ケアンズ郊外にある「キュランダ村」は、カラフルでフォトジェニックな場所として連日多くの観光客で賑わっている人気の観光地です。ケアンズ観光で絶対に外せないスポットといっても過言ではないでしょう。今回は、そんなキュランダ村も含めた世界遺産の熱帯雨林への行き方と、キュランダ村観光で押さえておくべきポイントを解説します。

世界自然遺産「クイーンズランドの湿潤熱帯地域」とキュランダ村

キュランダ・レインフォレスト・マーケット

クイーンズランドの湿潤熱帯地域は、世界自然遺産にも登録されている世界最古の熱帯雨林で、ケアンズ屈指の観光エリアでもあります。

キュランダ村は、この熱帯雨林に囲まれた高原地帯に位置します。山の上なので空気も澄んでいて、散歩しているだけでも清々しさを感じることができるでしょう。

キュランダ村にはその昔アボリジニも住んでいたとされており、今でも数多くのアーティストに出会えるので、伝統的なアボリジナルアートに触れたい人にもおすすめです。また、1960年代には多くのヒッピーで賑わっていたこともあり、村のいたるところにカラフルな壁画が見られるなど、文化の交わりが感じられます。

熱帯雨林が織りなす壮大な自然と、古くから育まれてきた文化やアートの両方を同時に楽しむことができ、連日訪れる人々を魅了しています。

キュランダ村への行き方

キュランダ村観光の良いところは、何より「目的地に行くまでの道中も楽しめる」ということです。ケアンズからキュランダ村へ行くには、主に「高原鉄道」「ロープウェイ(スカイレール)」の2つのルートがあります。どちらも世界遺産の熱帯雨林を通るルートで眺望が素晴らしく、写真スポットも多いので、行きと帰りに分けて両方を使うのもおすすめです。

キュランダ高原鉄道

キュランダ高原鉄道

ケアンズ〜キュランダ間の37kmを約2時間かけてゆっくり旅する、レトロなディーゼル車の高原鉄道。途中いくつもの絶景スポットがあり、ベストショットが撮れるように時速を落として運行してくれたり、バロンフォールズの前で記念撮影できる10分休憩が設けられていたりと、まさに観光のための列車です。

スカイレール

スカイレール

ゴンドラに乗り熱帯雨林の上を空中散歩できるスカイレール。出発地のスミスフィールド駅からキュランダ駅まで約1時間の道のりを優雅に向かいます。眼下に見る壮大な熱帯雨林に、鉄道とはまた違った感動を味わえることでしょう。

この他、キュランダ村へはバスやレンタカーで行くことも可能です。

キュランダ村の楽しみ方1. ショッピング・グルメを楽しむ

キュランダは、小さい村ながら多くの商店が軒を連ねており、ここでしか手に入らないお土産もたくさんあります。キュランダ村観光の醍醐味はなんといってもショッピング!可愛らしい小さなお店が立ち並ぶ姿は、お買い物好きにはたまりません。村の中をゆったり散策しながら、ぜひいろいろなお店を見て回ってみてください。

マーケットでお気に入りの一品を探す

キュランダ・マーケット

キュランダ村には「オリジナル・キュランダ・レインフォレスト・マーケット」「キュランダ・ヘリテージ・マーケット」という2つのマーケットがあります。

1978年に設立されたオリジナル・マーケットは、キュランダ村を代表するショッピングスポットです。ヒッピーアートをはじめ、ハンディクラフト商品やオーガニック石鹸・ハンドソープ、コーヒーなど、他では手に入らない商品が多くあります。

一方ヘリテージ・マーケットには、工芸品や民芸品、ワニ革製品などワイルドな商品も並びます。また、ヘリテージ・マーケット内には、後述するコアラ・ガーデンやバタフライ・サンクチュアリなどの自然と触れ合えるパークもあるので、買い物ついでに立ち寄るのも良いでしょう。

キュランダ特産のキャンディやコーヒーはお土産にぴったり

キュランダ・キャンディ

せっかくお土産を買うなら、その場所ならではのものをと考える人も多いでしょう。そんな人にぴったりなお土産が「キュランダ・キャンディ」「キュランダ・レインフォレスト・コーヒー」です。

カラフルなお店が目を引くキュランダ・キャンディ・キッチンでは、工房で作られた色とりどりのオリジナルキャンディが並びます。

キュランダ村のあるマリーバ地区産のコーヒーも、代表的なお土産のひとつ。オーストラリアでコーヒー豆ができるの?と思う人も多いはずですから、他とは一味違うユニークなお土産になることでしょう。

その他のお土産としては、はちみつやオーガニックコスメ、手作りアクセサリー、オパールなども人気があります。

キュランダ村名物のアイスクリーム、ホットドッグを味わう

アイスクリーム屋さん

キュランダ村観光の大定番のアイスクリーム屋さん「キュランダ・ホームメイド・トロピカルフルーツ・アイスクリーム」。観光客が多い時期には行列ができることもあるほどです。まち歩きで疲れた体と心を癒してくれる冷たいアイスクリームと、愉快なオージー店長さんの日本語交じりのサービスが人気の秘訣でしょう。

また、キュランダのB級グルメとして忘れてはならないのが、「ジャーマン・タッカー」のホットドッグです。買い物ついでに手軽に食べられるファストフード店として大人気のジャーマン・タッカーは、店内で休むことも、テイクアウトも可能です。軽いランチや小腹が空いた時にもってこいですね。

キュランダ・ホテルで優雅にひと休み

ショッピングで少し疲れたら、キュランダ村の入り口にほど近い場所にあるキュランダ・ホテルのダイナーでひと休みするのも良いでしょう。キュランダ・ホテルは、多くの地元の人も通う場所なので、よりローカルな雰囲気を味わうことができます。

キュランダ村の楽しみ方2. 動植物と触れ合う

キュランダ村の中には、コアラやカンガルーに会える動物園「キュランダ・コアラガーデン」、鳥たちの楽園「バードワールド」、貴重な蝶々が見られる「バタフライ・サンクチュアリ」の3つのパークがあります。どれも日本ではなかなか体験できないので、気になるパークがあればぜひ足を運んでみてください。

コアラと写真が撮れる「キュランダ・コアラガーデン」

眠っているコアラ

キュランダ・コアラガーデンは、コアラを抱っこして2ショットが撮れる貴重なスポットです(2020年より、抱っこ写真ではなく「コアラタッチ写真」となります。)。そのため、キュランダ・コアラガーデンは小さな動物園ながら、コアラとの記念撮影目的で多くの観光客が訪れます。なお、記念撮影は入場料とは別に料金がかかりますのでご注意ください。

そのほか、カンガルーやワラビーなど、オーストラリアならではの動物たちにも出会えます。

幸せの蝶々を探せ「バタフライ・サンクチュアリ」

バタフライ・サンクチュアリ

看板になっているのは、別名「幸せの青い蝶」と呼ばれる「ユリシス」という名のアゲハチョウです。その他、オーストラリア固有種も含めた1,500種の蝶々が見られるパークで、園内では、熱帯雨林の生態系がよくわかるガイドツアー(英語)もあります。

鳥の楽園「バードワールド」

60種類以上もの鳥が自然に近い状態で飼育されているパークです。貴重な固有種が見られたり、園内の鳥に餌をあげる体験ができるエリアもあります。

キュランダ村はクローズ時間が早いので注意

キュランダ村のお土産やさん

見どころ満載のキュランダ村ですが、閉店時間の早いお店が多く、後からゆっくり回ろうと思っていたらお店が閉まっていたということにもなりかねません。早いところだと午後2時ごろから店じまいし始めるので、なるべく効率よくショッピングをするよう心がけましょう。

キュランダ観光を存分に楽しめるツアー5つ

関連記事

  1. ゴールドコースト観光のメッカ「サーファーズパラダイス」の歩き方

  2. 定番から穴場まで!ケアンズ観光の必見スポット16選

  3. エアーズロック

    エアーズロック(ウルル)への行き方&おすすめ観光ツアー

  4. スリーシスターズ

    ダイナミックな自然や文化を堪能!オーストラリア世界遺産10選

  5. 食も自然も買い物も!一度は訪れたいシドニー観光おすすめ20選

  6. 世界で最も美しい街パースのおすすめ観光スポット20選