メルボルン観光ならここ!おすすめスポット20選

メルボルンの街並み

オーストラリアの南側に位置するメルボルンは、オーストラリアでも第二位の人口を有する都市。「世界一住みやすい都市ランキング」で1位に選ばれたことがあるほどの治安の良い都市ということからも、毎年数多くの観光客が訪れています。

特に歴史的な建造物や自然が多く残っているメルボルンは、ゆっくりとした時間を過ごしたいという人には最適です。ここでは、メルボルンを訪れた際にはぜひ足を運んでおきたい、おすすめの観光スポットをご紹介しています。

目次

荘厳!神聖!息を飲むメルボルンの絶景スポット5つ

一度は行ってみたい「グレート・オーシャン・ロード」

グレート・オーシャン・ロード

メルボルンで見たい景色NO.1のグレート・オーシャン・ロード。全長は約400kmにもおよび、“12人の使徒”と呼ばれる石灰岩が立ち並ぶ眺めが抜群の海岸風景です。近くにある太古の多雨林の森「グレートオートウェイ国立公園」もおすすめです。石灰岩と森の大自然のコラボを、目で見てマイナスイオンを肌で感じて存分に楽しむことができます。

美しいステンドグラスに感動「セントパトリック大聖堂」

1939年に80年以上をかけて建設されたセントパトリック大聖堂は、オーストラリア最大のゴシック建築として有名です。壮大で神聖な雰囲気は、見る者の心まで神聖な気持ちにしてくれます。内装のステンドグラスは細部まで凝った造りで一見の価値があります。また、その色とりどりの光が優しく、気品を感じ取れます。

美しすぎる図書館「ビクトリア州立図書館」

ビクトリア州立図書館

日本のベーシックな図書館を想像すると「図書館が絶景スポット?」と思われるかもしれませんが、ビクトリア州立図書館はひと味違います。1856年に建設されたオーストラリア最古のビクトリア州立図書館は、吹き抜けの造りで風通しが良く、放射線状に美しく並ぶ机を眺めることができます。6階から見るのが絶景スポットで、その美しさはここでしか見られない貴重な風景となっています。

西洋の風を感じて「カールトン庭園」

カールトン庭園

世界最大級の庭園であるカールトン庭園は、1839年に建築、1880年に王立展示館を作る時に大規模な改築が行われ、現在の公園が出来上がったようです。広々としたカールトン庭園はヨーロッパ式の庭園で、どこを歩いてものどかな雰囲気。大きな木々が立ち並び綺麗に整備された花々なども見どころの1つです。

南半球一の高さを誇る「ユーレカ・スカイデッキ 88」

ユーレカ・スカイデッキ 88

地上92階の超高層ビル「ユーレカタワー」内にある「ユーレカ・スカイデッキ88」は、南半球で一番高層の展望デッキとしても人気のスポットです。

88階の展望台では、メルボルンの街並みを360度ぐるりと見渡すことが可能で、昼間と夜間で異なった景観を楽しむことができます。展望デッキはガラス張りとなっており、まるで空中に浮いているかのようなスリルも味わえます。

グルメ・ショッピングを楽しめるスポット5つ

カフェ文化の中心地「デグレイブス・ストリート」

ハンドドリップのコーヒー

オーストラリアはカフェ文化も盛んで、その中心地がデグレイブス・ストリートです。たくさんのカフェが立ち並び、コーヒーの香りが街中に漂っています。開放的なパラソルの下で、思い思いにカフェタイムを満喫できます。どこかヨーロッパの香りが漂う街並みは、この上なくおしゃれで素敵です。

約600店が立ち並ぶ「クイーン・ビクトリア・マーケット」

クイーン・ビクトリア・マーケット

多国籍国家のオーストラリアでは、市場の規模や品数・種類も豊富です。メルボルンにあるクイーン・ビクトリア・マーケットは、南半球最大の規模で、約600ほどお店が並んで賑わう迫力のある市場。夏季には、毎週水曜日限定で“ナイトマーケット”が開かれ、さまざまな多国籍フードを楽しむことができます。

ビクトリア様式が美しい「ロイヤルアーケード」

ロイヤルアーケード

ショッピングには欠かせないアーケードですが、このロイヤルアーケードはメルボルンで最古の100年以上の歴史があります。ビクトリア様式で格式高い造りが特徴で、まるで高級なホテル内を歩いているような気分になれます。それぞれのお店の歴史も古く、ジュエリーや輸入雑貨、お菓子の専門店等も多く、眺めるだけでも楽しく充実したショッピング時間を楽しめます。

メルボルンの顔「フリンダース・ストリート駅」

フリンダース・ストリート駅

1854年に建設された古くからあるフリンダース・ストリート駅は、メルボルンにある全ての路線の中心的役割を果たしています。日本で言えば東京駅のようなイメージでしょうか。ヨーロッパ風の立派な駅の構えは美しく、歴史を感じられる建築造りとなっています。

ワイン好きなら「ヤラバレー・ワイナリー」へ

ぶどう畑

広大な敷地を持つオーストラリアはワイン造りも盛んです。ワインの里の1つであるヤラバレー・ワイナリーは、たくさんのワイナリー巡りができます。ワイナリーツアーで4~5ヵ所を巡り、それぞれの場所で試飲ができるため人気です。加えて、蒸気機関車パフィンビリー乗車ができるセットを利用すると2倍楽しむことができます。ワイン好きにはたまらないおすすめスポットの1つです。

メルボルンの写真映え&少し変わったおすすめの観光スポット6つ

華やかなショッピング街「ブロック・アーケード」

メルボルンの数あるスポットの中でも、最も華やかなスポット「ブロック・アーケード」。ガラスの天窓が並ぶアーチ形の天井とモザイク柄の床は、1892年にオープンした当時のままの気品ある美しさを保っています。エレガントな装飾がされたアーケードの中を、まるで19世紀のヨーロッパにいるかのような雰囲気でショッピングやお茶を楽しむことができるスポットです。

入場料無料で楽しめる「ビクトリア国立美術館」

メルボルンにある「ビクトリア国立美術館」は、1861年にオープンしたオーストラリア最古の美術館。約7万点以上のコレクションが展示されており、入場料無料で楽しむことができます。NGVインターナショナルとNGVオーストラリアのふたつの建物では、ヨーロッパをはじめ、アジアやオセアニア、アメリカなどの世界有数のコレクションを楽しむことが可能です。館内には、ゆっくりと食事ができるお洒落なレストランやカフェなどもあります。

カラフルな小屋が浜辺にズラリ「ブライトン・ビーチ」

ブライトン・ビーチ

メルボルン中心部から電車と徒歩で気軽に訪れることのできる「ブライトン・ビーチ」は、フォトジェニックなスポットとして女性にも人気の観光地です。透き通るような美しい海ももちろん魅力のひとつですが、浜辺にずらりと並んだカラフルな小屋たちが目を惹きます。「Beach Bathing Box」と呼ばれる小屋は、もともと海水浴用の更衣所として利用されたのが始まりとのこと。現在では主に別荘として利用されており、文化財として保護されるほどのスポットになっています。

カラフルなストリートアートは圧巻「ホイザー・レーン」

ホイザー・レーン

メルボルン市内にある「ホイザー・レーン」は、ストリートアートに埋め尽くされた個性的な通りです。細い路地に入ると、見渡す限りのカラフルなストリートアートに圧倒されます。ストリートアートと言っても街中によくある落書きとは違い、アートとしての完成度が非常に高いのが特徴です。そのクオリティの高さからメルボルンの観光名所になっているほど。次々に塗り替えられていますので、何度訪れても新しいストリートアートを楽しむことができます。

不思議な体験が楽しめる美術館「ArtVo」

人間の錯覚を利用することで、立体に見えたり、まるで絵が動き出すような錯覚を体験できるトリックアート。メルボルンにある「ArtVo」は、大人から子供までが楽しめる、トリックアート美術館です。館内のいたるところにある作品では、自分が絵の登場人物となって写真を撮ることができます。館内にはスタッフが巡回しており、写真を撮ってくれるのはもちろん、ベストポジションなども教えてくれますので、なかなかうまく撮れないという方は気軽に訪ねてみましょう。

囚人の気分で楽しめる「旧メルボルン監獄」

1841年に囚人の短期収容所として建てられた「旧メルボルン監獄」。現在は、一部を博物館として公開しており、観光客も監獄の中へ入れるようになっています。囚人が実際に暮らしていた独房をはじめ、絞首台やオーストラリアの最も有名な盗賊「ネッド・ケリー」のデスマスクなどを見学することができます。監獄のなかをロウソクの灯りをたよりに巡る「夜間ツアー」では、昼間の監獄とは違った少し恐ろしい雰囲気を楽しむことも可能です。

オーストラリアでしか味わえない!自然と触れ合える観光スポット4つ

動物たちの暮らしがのぞける「メルボルン動物園」

カンガルー

世界的な野生動物保護団体「ズー・ヴィクトリア」が運営する「メルボルン動物園」は、1862年開園という世界で3三番目に古い歴史を持った動物園です。メルボルン市街地から車で約5分というアクセスの良い立地にあり、敷地内にはコアラやカンガルー、ワラビーにリトルペンギンなどの約320種類もの動物たちが暮らしています。できる限り動物たちの本来の暮らしに近い環境作りにこだわっている、世界的にも有名な動物園です。

リトルペンギンやコアラに会える「フィリップ島自然公園」

眠っているコアラ

メルボルンから車で約2時間の場所にあるフィリップ島の「フィリップ島自然公園」は、島全体の約四分の一を占める広大な自然公園。野生動物の保護を目的としている公園で、さまざまな野生動物と触れ合えます。人気のペンギンパレードでは、体長30cmから40cmほどの小さなリトルペンギンを観ることが可能です。また、敷地内にある「コアラ保護センター」では、コアラの姿も観察できます。

野生のペンギンに癒される「セント・キルダ・ビーチ」

メルボルンの市街地の南側にある「セント・キルダ・ビーチ」は、海辺に広がる郊外都市の人気のビーチです。ゆっくりとした時間が過ごせる美しいビーチをはじめ、人気の遊園地やさまざまなショップにレストランなどを楽しむことができます。また、セント・キルダ・ビーチには野生のペンギンが生息している地域がありますので、運が良ければ野生のペンギンに出会えるかもしれません。

自然に囲まれて贅沢な時間を「メルボルン王立植物園」

1842年に造園された「メルボルン王立植物園」は、年間約180万人以上が訪れる、メルボルンのなかでも人気のスポットのひとつです。園内にはオーストラリア各地から運び込まれた約1万2,000種以上の植物が生息しています。静かな湖のまわりを散策したり、芝生の上でゆっくりとした時間を過ごすこともできます。

自分だけのメルボルン旅行を楽しもう

オーストラリアの中でも多国籍文化都市メルボルンは、美しい絶景スポットも多く、多種多様なグルメやショッピングが楽しめる人気の都市です。素敵なスポットばかりでどこに行こうか迷ってしまう人も多いので、メルボルンへ行く際は、ぜひ旅のテーマや目的を考え、自分なりの旅行を楽しんでください。

関連記事

  1. 世界で最も美しい街パースのおすすめ観光スポット20選

  2. 美しいビーチにアクティビティ!ゴールドコーストのおすすめ観光地17選

  3. キュランダ村

    キュランダ村への行き方は?観光のポイントとおすすめ日帰りツアーまとめ

  4. 【ハミルトン島特集】カップルやファミリーに選ばれる5つの理由

  5. オーストラリアの地図

    オーストラリアの観光ベストスポット地域別まとめ

  6. スリーシスターズ

    ダイナミックな自然や文化を堪能!オーストラリア世界遺産10選