オーストラリア旅行の必需品からあると便利なものまで!持ち物チェックリスト

荷造り

海外旅行に行く際はできるだけ荷物を減らして身軽にしたいもの。現地で必要なものを買い足すつもりだったのに見つからなかったり、結局不必要なものばかりで荷物がかさばったなんてことは避けたいところです。そのためには、何が必要で何が必要のないものかを事前に知っておくことが大切です。今回は、オーストラリア旅行に必要・あると便利な持ち物をチェックしていきましょう。

海外旅行の必需品

パスポート

オーストラリアに限らず、海外に行く際に必要なものです。

  • パスポート
  • お金
  • 入国ビザ

最低、上記3つがないと海外旅行ができません。ノービザで観光できる国も多くありますが、オーストラリアでは短期間の旅行の場合も入国ビザが必要です。事前申請が必要なので、忘れずに手続きしておくようにしましょう。

オーストラリア旅行に必ず持っていきたいアイテム

海岸沿いを歩く女性

ここからは、オーストラリア旅行だからこそ持っていきたい必須アイテムをご紹介します。

クレジットカード

オーストラリアの通貨の単位は「オーストラリア・ドル」。現金は、国際空港や銀行、ホテルなどで両替することができますが、海外では多額の現金を持って出歩くのは大変危険です。

そのため、現地通貨は最低限に留めておき、さまざまな場所で対応できるように複数のブランドのクレジットカードを用意しておくのがおすすめです。特に、VISAやMaster Cardならほどんどの場所で使うことができます。

また、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードなら、万が一の際も安心です。クレジットカードによって自動で付いているもの、利用付帯などさまざまですので、旅行前に再度確認しておきましょう。

重ね着ができるような服

オーストラリアは南半球に位置しています。そのため、四季は日本とは真逆。季節に合わせた服装を準備するのは当然のことですが、日本の同じ季節と比べても気温や降水量が違うため注意が必要です。

また、オーストラリアは日中と朝晩の寒暖差が大きいため、どの季節に訪れる場合でも簡単に重ね着ができるような服を用意しておくと便利です。夏だからと半袖の洋服しか持っていかないなどということがあると、朝晩の寒さに震えることになるかもしれません。

広大な地域にまたがる国ですので、行き先の地域の気温や天候状況をしっかりと確認してから用意する服装を決めるようにしましょう。

紫外線対策グッズ

オーストラリアは日本と比べて、紫外線量が大変多く、どこの地域も日差しがかなりきつくなっています。そのため、季節に関係なく紫外線対策は必須です。

現地でもUV対策のグッズは売っていますが、敏感肌など肌が弱い方は、肌トラブルを避けるため自分に合った日焼け止めを日本から持参するのをおすすめします。

その他にも、日差しを遮ることができる帽子やサングラスの用意も忘れずに。また、特に日差しが強い地域に訪れるのであれば、薄手の長袖や長ズボンなど、念入りな日焼け対策をおこなうようにしましょう。

折り畳み傘

オーストラリアの地域によっては天候が変わりやすいところもあります。そのため、突然の雨に備えて折り畳み傘を用意しておくと安心です。

オーストラリアでは、日本のようにコンビニなどで安いビニール傘を買う習慣がありません。そのため、折り畳み傘を持っていくことは余計な出費も抑えることにもつながります。

変換プラグ

オーストラリアと日本では、コンセントの形状が違います。日本のコンセントは普段使用している「A型プラグ」と呼ばれるもの。オーストラリアのコンセントはハの字の形状をした「O型プラグ」と呼ばれる形になっています。そのため、オーストラリアで日本の電化製品を使用する際には変換プラグが必須です。安いものであれば数百円で買えるので、必ず用意しておくようにしましょう。

オーストラリア旅行に変圧器は必要?

海外で電化製品を使う際、変換プラグとは別に変圧器が必要な場合があります。日本の電圧は100Vですが、オーストラリアの電圧は240Vです。そのため、240Vに対応できない電化製品を、そのままオーストラリアのコンセントに挿して使うと、故障や火災の原因になる可能性があります。

ただし、スマートフォンやタブレット、パソコン、デジカメなどの多くは、240Vの電圧に対応しているユニバーサル仕様のものがほとんどです。各種機器の取り扱い説明書や充電器などに対応電圧が記載されていますので、持っていく前に必ず確認するようにしましょう。持ち込む電化製品が240Vの電圧に対応していれば、変圧器を持って行く必要はありません。

なお、女性でヘアドライヤーやヘアアイロンを持って行く予定の方は、消費電力が大きすぎて変圧器が対応できない場合があるので、海外対応製品を購入するか、現地で調達することをおすすめします。

また、もし変圧器を持ち込む場合、購入する変圧器の種類には注意しましょう。変圧器には「ダウントランス」と呼ばれる電圧を下げて使用するものと「アップトランス」と呼ばれる電圧を上げて使用するものがあります。日本の機器をオーストラリアで使う場合は、オーストラリアの電圧で日本の機器が使えるように下げる必要がありますので、ダウントランスの変圧器を選んでください。変圧器の価格はピンキリですが、大容量のW数でなければ3,000円前後で購入することができます。

Wi-Fiルーター・SIMフリースマホ

Wi-Fiの規格は全世界で共通ですので、日本で使用しているスマートフォンをそのまま海外に持ち込んでも、無料のWi-Fiスポットで利用することはできます。ただし、オーストラリアは公共エリアでの無料Wi-Fi環境が整っていないところもあるため、不便だと感じることも多いでしょう。

そんな時にあると便利なものが、LINEやメール、インターネットなどがいつでも使うことができる「Wi-Fiルーター」です。Wi-Fiルーターがあれば、複数台に同時接続が可能なため、パソコンやタブレットを持っていく場合や、同行者のスマホにも接続することを考えればお得で便利に使うことができます。

Wi-Fiルーターは、日本や現地でレンタルする方法と、SIMフリーのモデムを日本で購入して現地のSIMを使う方法があります。レンタルする場合、利用する会社によってさまざまなデータ通信の容量プランが用意されていますので、利用状況にあわせて選択しましょう。

自分のスマホだけ使えれば良い、通話もできるようにしたいなどと思っている方は、日本からSIMフリー機種のスマホを持ち込んで、現地SIMに入れ替えて使う方法が便利です。現在日本で販売されているスマホのほとんどがSIMフリー機種ではありますが、渡航前には必ず手持ちのスマホが「SIMフリー機種かどうか」と「SIMのサイズ」を確認するようにしましょう。

オーストラリア旅行であると便利なアイテム

歯ブラシ

携帯用スリッパ

オーストラリアのホテルは日本のホテルのように、専用のスリッパが備え付けられていないことが多くあります。長旅で疲れてホテルに着いたはいいものの、部屋でゆっくりとくつろげない、なんてことにならないように、携帯用スリッパを持っていくことをおすすめします。

アメニティグッズ

オーストラリアに限らず海外では、歯ブラシ髭剃りなどのアメニティグッズが用意されていないことが多いため、持参していくのが無難です。現地で調達することもできますが、使い慣れたもののほうがいいという人は、普段から使用しているものを用意しておきましょう。

携帯用灰皿

オーストラリアは世界のなかでも喫煙者に対して厳しい国のひとつです。タバコの価格も世界一。当然、空港や公共の場所、レストランやカフェなどのほとんどは禁煙の場所が多いため、タバコは基本的に屋外で吸うことになります。

オーストラリアでは路上のポイ捨てが見つかれば罰金です。そのため、喫煙者は、必ず携帯用灰皿を持参するようにしましょう。

水着

夏は当然ですが、オーストラリアは温暖な気候の地域が多いため、それ以外の季節でもビーチやプールで遊ぶことができます。特に年間を通して温暖なケアンズなどのビーチやプールはいつも賑わっています。

寒い季節でも、ホテルのなかに室内プールや温水プールがあるところも多いため、水着を用意しておいたほうが楽しむ機会が増えるでしょう。

虫除け対策グッズ

海に囲まれた広大な土地を持つオーストラリアは、自然豊かなスポットがいっぱいです。そんな自然に囲まれたスポットを訪れる際や、ツアーに参加する場合は、長ズボンや運動靴などを着用することをおすすめします。夏だからと言ってハーフパンツにサンダルなどで熱帯雨林や湿地帯を散策すると、見たこともない虫やヒルが足に……なんてことも。

また、虫除けスプレーやかゆみ止めなども持っておくと安心でしょう。

花粉症対策グッズ

日本ではスギ花粉が有名ですが、オーストラリアには多種多様な花が咲いているため、花粉症の多い国です。特にメルボルンは花粉症が多い町として有名で、5人に1人が花粉症に悩まされていると言われています。

そのため、アレルギー症状の出やすい人は、サングラスや眼鏡、マスクなどの花粉症対策グッズも用意しておきましょう。現地の薬局にも花粉症の薬がありますので、症状がひどい人は薬局で相談するのもおすすめです。

食品や動植物の持ち込みには申告が必要

カップラーメン

オーストラリアでは、厳重な検疫措置によって食品や動植物の持ち込みが制限されています。そのため、オーストラリアに動植物でできたものや特定の食品を持ち込む場合には、入国カードの該当欄をチェックして、必ず申告するようにしましょう。

申告漏れや虚偽の申告をした場合、罰金や罰則が科せられますので、自分が持ち込むものが検疫対象なのかわからない場合は、検疫官に事前に確認するようにしてください。

海外旅行保険への加入も忘れずに

できるだけ旅費を抑えるため、結果的に使わなかったら損などという理由で海外旅行保険を軽視していないでしょうか。しかし、海外で事故やトラブルに巻き込まれた時に、自分だけで対処するのはなかなか難しいことです。

いくら危険な場所に行く予定がなくても、いつどのようなトラブルに遭うのかわかりません。知らない土地で事故にあった場合や、急な病気で病院を利用した場合などに、海外旅行保険に加入しておけば、しっかりとサポートを受けることができます。滞在日数や補償内容をよく確認し、海外旅行保険への加入も検討してみてください。

しっかりと持ち物チェックしてストレスのない旅行を

楽しくストレスのない旅にするためには、事前の準備が重要です。安全で楽しい旅行にするための準備には、現地の情報を早めに把握しておくことも大切なことです。現地に着いてから慌てることのないように、何が必要なのかをしっかりとチェックして旅行の準備を行いましょう。

関連記事

  1. パソコンでビザを申請

    オーストラリア旅行に必須のビザ!ETA(イータ)の申請方法や料金を解説