いつ・いくら渡せばいいの?オーストラリアのチップ事情

チップ缶

オーストラリア旅行の際、素晴らしいおもてなしを受けたらチップを渡すべきなのでしょうか。渡すならどのようにして、いくらくらいが適切なのでしょう。この記事ではそんな疑問に答えるため、オーストラリアのチップ事情とマナーをまとめています。

オーストラリアのチップ事情

カフェ

米国と異なり、オーストラリアでは基本的にチップの支払いは必須ではなく、義務を感じる必要もありません。

オーストラリアでは法律によって、レストラン等のサービス業でも最低賃金が保証されています。そもそもチップによる収入がサービス業従事者の生活費を左右する米国とは文化が異なるのです。

一般的な日本人旅行者は、高級レストラン以外はチップについて特別意識しなくても構いません。米国などチップの習慣がある国に比べ、より気楽に旅行が楽しめるでしょう。

しかし、予想を上回る素晴らしいサービスを受けたとき等、感謝の気持ちをこめてチップを渡すのは問題ありません。サービスを提供する側にとっても、より良いサービスを提供する指標やモチベーションになるため、チップを渡すこと自体はむしろ喜ばれます。

オーストラリアのチップのマナー

オーストラリアの飲食店では、高級レストランか地元の小さな飲食店かに関わらず、「サービス料金」や「休日料金」として会計時に既に10%〜20%のチップに値する料金が含まれていることがあります。

これは外国人観光客相手のぼったくり等ではなく、店側が自らサービス料金を設定できるごく一般的な料金形態で、レストラン予約の際に前もって表記されている場所もあります。このような場合は、ウェイターへのチップは必要ありません。

また、店によってはお会計カウンターにチップ用の入れ物が置いてあり(「Tip」と書いてあったり「Friends」と書いてあったり)、チップとして払いたい分をその入れ物に入れて支払う方法もあります。

一方、サービス料金が設定されていないお店で予想以上に嬉しいサービスを受けた場合は、個別にチップを払うと良いでしょう。金額は、全体料金の10%〜20%が相場です。

オーストラリアのチップの渡し方

日本ではなかなかチップを払う習慣がないため、具体的にどうやって渡せば良いか悩む人も多いですよね。ここでは、シチュエーション別に、スマートなチップの渡し方をご紹介します。

レストラン

レストランで会計にサービス料金が含まれていないけれどチップを支払う場合は、いくつか方法があります。

現金で払う場合は、テーブルで会計をした後、会計用のクリップファイルに紙幣を挟んでテーブルに置いて帰ったり、会計のレジカウンターに置いてあるチップ用の入れ物に、渡されたおつりを入れて店を出ることもできます。

クレジットカードで支払う場合は、お会計伝票にチップ金額を書き込む欄があるお店では、お会計の10%〜20%の金額を記入し、その後チップの金額も含めてカード決済を行います。また、クレジットカードの機械を直接操作する際に、チップを入力する画面があるお店もあります。その場合は、自分でチップの金額を打ち込み、支払いを済ませましょう。

ホテル

オーストラリアのホテルではチップを支払う場面はまれです。パッケージツアーなどを申し込んでいる場合は、基本的にチップを支払う必要はありません。

それでも特別な態度で感謝を示したい場合は、雨の中でタクシーに乗るのを手伝ってくれるドアマンに2ドル、部屋に荷物を運ぶベルボーイに2ドルから5ドルなど、オーストラリアドルで数ドルを渡すのが良いでしょう。

たとえば、長期間滞在した部屋を後にするときには、メモ付きで数ドルを清掃員に置いておくのが良いでしょう(メモなしだと忘れ物かチップかホテル側で判断がつかない場合があります)。

タクシー

タクシーの場合もチップは期待されていません。

またオーストラリアでは法律上、乗車料金にタクシーの帰宅運賃を上乗せすることが許されています。すでにその料金が会計に含まれている際は、追加のチップは渡し過ぎかもしれません。

チップを渡すときは、数ドル(2ドルコインや5ドル札など)または乗車料金の10%が目安です。

オーストラリアではまれですが、バレーパーキング(駐車しづらい場所で、代わりに運転と場所探しをして駐車をしてくれるサービス)を利用する場合も、利用料金の他にチップを渡したい場合は2ドルから5ドルが適切です。

ツアーの場合

ツアーガイドの場合も、サービス料金はツアー料金に含まれている場合がほとんどです。

しかし、ガイドの気配りやおもてなしがあまりにも素晴らしかった場合は、感謝の気持ちを込めて少額の紙幣(10〜20ドルなど)を渡すのをおすすめします。

チップを払うときは感謝の気持ちを込めて

オーストラリアでのチップのルールはシンプルで「渡す側も受け取る側もハッピーであること」

チップを支払う義務はありませんが、感謝の気持ちを込めて支払うチップは喜ばれます。場面に合わせて、数ドルだったり合計支払料金の10%〜20%など金額は変わりますが、ありがとうと伝えるだけではなく特別な方法で感謝を伝えたい際は、ぜひチップを渡してみてください。

関連記事

  1. オーストラリアドル

    チップは必要?キャッシュレス決済は?オーストラリアのお金事情

  2. カフェ

    いくら持っていく?オーストラリアの物価を大調査

  3. オーストラリアの治安は良い?気になる主要犯罪の対策とエリア別注意点

  4. ゴールドコーストの治安は?事前の対策と滞在中の注意点